ソトレシピニュース

「⾝近なものですりおろしができる アイデアを教えて!」【お願い!たけだバー ベキュー #11】

こんにちは︕たけだバーベキューです。今年はなんとなくですが寒い冬になりそうな予感しませんか︖

焚き⽕、薪ストが楽しみですよね〜。

さてさて、早速ですが今⽉もいいお願いが届いておりますよー。

そのお願いとは、アウトドアでの調理に関するお願い︕

キャンプのお悩みvol.11

「アウトドアで料理をするときに、僕はよくレシピサイトを参考にします。そのときによくすりおろしの⽟ねぎやニンニクが材料にあるのですが、あいにくアウトドアにそのようなおろし器などを持ってません。

⾝近なものですりおろしたりできるいいアイデアはありませんか︖ よろしくお願いします。

p.s. いつもYouTubeチャンネル たけだバーベキューTV参考にさせていただいております。」

YouTube⾒ていただきありがとうございます︕ ぜひソトレシピをご覧の皆様もチャンネル登録お願いしますねー︕

たけだバーベキューTV

さぁ、これはいいお願いですよねー。確かに、おろしニンニクはチューブのものを買えば解決ですが、⽟ねぎのソースなどを作るとにはすりおろさないと作れないですもんねー。

現地についてからおろし⾦を買いにいくのも少し⾯倒ですよね。僕も同じような状況に陥ったことがあります︕

では、そのお悩みを今回も私たけだバーベキューが解決したいと思います︕

⾝近にあるものといえばこちら、アルミ⽸。

これを使って、おろし⾦を作ってしまいたいと思います︕

実は、作り⽅は超簡単なんです。

まずは、カッターやナイフで真ん中の部分だけを切り取ります。

すると、⼀個の筒ができます。今度はそれを縦に切り、⻑⽅形の板を作ります。

そしてここからです︕下にダンボールを敷いて、その上にアルミの板をセットします。そこに⽤意するのが、ナイフ、またはアイスピック。

これを等間隔でどんどん刺していくのです。開ける⼝は少し⼤きめで︕

すると、なんということでしょう。裏返すとそれはまさにおろし⾦のような形状になっています︕

肝⼼なのは、本当にすりおろすことができるのか。ではやってみます。

めっちゃすりおろせる︕  グングン⽟ねぎがすり減っていきます︕ 板が柔らかいのでまな板の上などでしかすることはできませんが、しっかりとすることができました︕

これは使える技ですので、ぜひおろし⾦がない時はやってみてください︕

 

というわけで、今回は本来ならこれで解決なのですが、せっかくなので余った上部と底の部分で何かできないかなぁと考えてみました。なんかできそうじゃないですか︖ 何かできそうなんです︕

と、考え抜いた結果、思いつきました。

底の部分の切り⼝、これって⽪剥き器になるんじゃね︖というわけでやってみたところ、おー︕剥けるむける︕

コツは素早く動かすこと。この時⼿を切らないように気をつけてくださいね。

そしてもう⼀つが、このキャンプのついた部分。これは、形を⾒たときに⼀つピンと来ました。そう、レモン絞り器︕ これも、おろし⾦同様、キャンプの部分に裏から⽳を開けて下ろせる部分を作ります。

そしてそこに半分にカットしたレモンをセットし、⼀気に⼒を加えて絞ります。

すると・・・

めっちゃ絞れました︕  これは発明じゃないですか︖⼿で⼒⼀杯絞るより、体重を乗せて絞れるので無駄なくレモン汁を使い倒せます。

1つの⽸で、なんと3つの道具ができてしまいました。

使いようによってはまだまだ何か作れそうな可能性を感じましたね︕

 

いかがでしたでしょうか。おろし⾦は空き⽸で作ることができる。そして空き⽸を利⽤すれば様々な調理器具を⽣み出すことができる︕

皆さんも、空き⽸でこんな調理器具作ったよーというアイデアがありましたらぜひ教えてくださいね︕

また、お願いの⽅もどんどんお待ちしております︕

ではまた来⽉︕ナイスバーべ︕

ライターProfile

たけだバーベキュー
アウトドア芸人。2012年12月より「たけだバーベキュー」として活動開始。2013年に、カナダアルバータ州政府からの依頼を受け、カナダアルバータ州BBQ大使に任命される。2014年には狩猟免許、鉄砲所持許可を取得し、特技は鹿を一頭さばけること。スパイス検定2級も所持し、その知識をバーベキューレシピの随所に活かしている。日本全国で出張バーベキューを行っており、その地域の特産品や地域食材を活かしたオリジナルレシピを披露。地域の皆様に、地元食材の新たな食べ方、可能性を感じていただくイベントは毎回好評を得ている。バーベキュー、アウトドアをこよなく愛する、日本で唯一のバーベキュー芸人である。

関連レシピ