サツマイモホイル焼きバター風味 〜生ハム添え〜

サツマイモを甘く仕上げて生ハムとマッチさせる

道具
  • アルミホイル
  • リードペーパー
  • BBQコンロ
  • ボウル
調理時間
30分

材料

(2人分)

  • サツマイモ・・・200g
  • 塩・・・少々
  • 無塩バター・・・8g
  • 生ハム・・・16枚
作り方
  1. ① さつまいもをホイル焼きする。さつまいも全体をフォークで串刺しにしてから、さつまいも全体に軽く塩をふる。サツマイモホイル焼きバター風味 〜生ハム添え〜
  2. ② リードペーパーにたっぷりの水を吸わせて①を包んで、アルミホイルで全体を包み、バーベキューコンロでホイル焼きにする。サツマイモホイル焼きバター風味 〜生ハム添え〜サツマイモホイル焼きバター風味 〜生ハム添え〜
  3. ③ ②のさつまいもを加熱したら、すぐに皮をむいて、お好みの大きさにカットする。
  4. ④ ボールを用意し、③と無塩バターを入れて全体がねっとりするように混ぜ合わせる。サツマイモホイル焼きバター風味 〜生ハム添え〜
  5. ⑤ 器に生ハムを添えて、④を盛り付けたらお好みで黒胡椒を挽く。
  6. ⑥ 生ハムとさつまいもをお好みの量だけ包んで完成。

シェフのひとこと

さつまいもが甘くなるのは、さつまいもに含まれるβーアミラーゼという消化酵素が加熱されて、麦芽糖という甘味成分を生成するためです。この温度が70~80℃と言われておりこの温度帯をいかに長く保つことが出来るかで、さつまいもが甘く仕上がるかが決まります。 なので、ホイル焼きにする時はなるべく炭から遠火で加熱するとより甘さが引き立ちます。

シェフProfile

加藤超也
株式会社 Cuore 所属。⻑友佑都選手専属シェフに就任。2016年シーズンからイタリアのインテル・ミラノ、トルコのガラタサライの食コンディションサポートに従事。レシピ監修書に「ファットアダプト食事法」(幻冬舎)のほか、さまざまな競技のトップアスリート、タレント、モデルへの食事指導、料理レッスンに携わっている。

関連レシピ