Logo pc

北欧風焚き火炙りソーセージ「マッカラ」

自家製のマスタードソースでいただくのがフィンランド流

  • Sns line
道具
  • 枝(必ず有毒成分のない枝を使う)
  • ナイフ
調理時間
30分

材料

(4人分)

  • ソーセージ・・・人数分
  • マッシュルーム・・・人数分
  • 卵黄・・・2個
  • オリーブ油・・・卵黄と同量
  • マスタード・・・卵黄と同量
  • レモン汁・・・1個分
  • ディル(できればフレッシュ)・・・適量
  • 塩こしょう・・・適量
作り方
  1. ① ★のソースの材料のディルを細かくし、レモンを絞ってそのほかの材料と混ぜ合わせる。マッカラマッカラ
  2. ② 70cm位の先端が二股になった有害でない適当な枝を用意し、先端をナイフで鋭利に削る。マッカラマッカラマッカラマッカラマッカラ
  3. ③ 枝の先端へソーセージやマッシュルームを刺す。ただし具材から枝が突き出さないようにする。
  4. ④ 焚き火の熾火へかざす感じで、少し気長に、焦げ目がつくように炙る。北欧マッカラ※赤い炎で直接炙ると煤が付いてまずくなったり、中が冷たいままだったりする。
  5. ⑤ 焼きたてへマスタードソースをたっぷり付け、熱々を頬張る。

  6. 撮影/見城了
Balloon
Icon sp

シェフのひとこと

Icon kan
北欧フィンランドでは焚き火をするとき必ず食べる焚き火ソーセージ。フィンランド語では「コッコ(焚き火)マッカラ(ソーセージ)」と呼ぶらしいが、僕が一番最初に聞いたとき「これがマッカラだ」と言われた。自家製マスタードソースをたっぷりつけるのがフィンランド流だ。
Pcdrawer3

シェフProfile

長野修平
アトリエNATURE WORKSを主宰。捨てられるもの、そこにあるものを暮らしやアウトドアに取り入れた独自のスタイルを表現するネイチャークラフト作家であり、野草を使った料理を得意とする野外料理人。また、モーラナイフ公認の日本・台湾アンバサダーでもある。著書に『里山ライフのごちそう帖』(実業之日本社)、『東京発スローライフ』(オレンジページ)がある。
  • Fb
  • Twitter
  • Instagram
  • Sns line

関連レシピ