ソトレシピニュース

ハイエースで日本を一周するライクサタデーさんおすすめ!車中泊アイテム&キャンプ飯【教えて!みんなのソトレシピ#17】

2021/11/19 更新

キャンプの先輩たちにおすすめのギアやレシピを教えてもらう「教えて!みんなのソトレシピ」。第17回目は、一目惚れしたバンライフ仕様のハイエース「ゴードンミラー」に乗って日本各地を巡るご夫婦、ライクサタデーさんです!
 
“バンライフ”という生き方に出会ったことで、仕事を辞めて旅を始めたライクサタデーさん。どんなことも明るく楽しく語ってくださるお二人に、運命の1台「ゴードンミラー」のこと、そして車中泊におすすめアイテムや調理器具、レシピなど…全部聞いてみました。

ソトレシピのYouTubeチャンネル「ソトレシピTV」でも詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください!

▶︎前編「公務員を辞めてハイエース車中泊で日本一周する夫婦・Like Saturday ライクサタデーさんのバンライフをご紹介【ゴードンミラー】
▶︎後編「Like Saturday ライクサタデーさんの車中泊&キャンプで使える料理ギア6選!ビールに合う絶品キャンプ飯も教えていただきました【スノーピーク】

1.バンライフを楽しみながら日本を一周するライクサタデーさん


ライクサタデーのお二人がキャンプを始めたきっかけは、大学4年生の頃にハマった「ビートないとー / Beat Naito」さんのキャンプ動画。

卒業後、それぞれ公務員とインテリアショップの副店長の共働き夫婦としてキャンプを楽しんでいましたが、バンライフという生き方を知り、大きな衝撃を受けたのだとか。

ちょうど将来を考えていたタイミングでもあったことで二人そろって退職し、バンライファーに!

アウトドア仕様にカスタムされた「GORDON MILLER GMLVAN V-01(ハイエースベース)」で、北海道の日本最北地である稚内から、日本最南端の波照間島まで楽しく旅をされているご夫婦です。

2.バンライフをすぐスタートできる車「ゴードンミラー」ってスゴイ


“心踊るガレージライフ”をテーマに、ガレージアイテムやアウトドアギア、ファニチャーなどを幅広く展開するオートバックスのオリジナルブランド「GORDON MILLER(ゴードンミラー)」。

ライクサタデーさんが乗っているのは、トヨタのハイエースを車中泊仕様にカスタムしたGORDON MILLERモデルです。納車の段階でバンライファー向けの設備がとても充実している1台。

「車に疎い私たちですが、丸みのあるレトロな感じに一目惚れして即決!この車と出会い、バンライフというライフスタイルを知り、人生を変えてくれた車です」

例えば、この荷物が積みやすいフロアボードも、照明の付いた天井も最初からカスタム済み!

最下層のスペースには旅に必要なアイテムが詰まったコンテナのほか、タープや椅子、机、焚火台、など、ものすごく多くのものが入ります。

照明は、夜の車内の撮影でも全く問題ないくらい明るいそうです。

テーブルモードにもでき、椅子をセットして食事を楽しめます。

オプションでルーフキャリアも装着可能。「本当はここに上がって花火を見たくて付けたんです。まだ夢は叶っていないですが、付けて大正解でした!」
 

3.バンライファーにおすすめしたいアイテム8選


ライクサタデーのお二人が車に常備しているお気に入りアイテムを教えてもらいました。車中泊で使える便利な商品ばかりなので、ぜひ参考にしてください。

snow peak グランドオフトン ダブル1600


冬キャンプを快適に過ごすために欠かせないギアとして人気の「グランドオフトン」。形状はまるで家にあるお布団のよう。それでいて温かく、寝心地の良いところが多くのキャンパーを虜にしています。

「2人用のワイドなシェルフです。めちゃくちゃ温かい掛布団で、このおかげでー10度の山梨もギリギリ乗り越えられました」

YETI タンドラホール


ビッグサイズのクーラーボックスは、まみさんから学さんへの誕生日プレゼント!まみさんは本当は小さめの45Lが欲しかったのに「タイヤがかっこいいから」と絶対に譲らない学さんの想いを叶え、このサイズに。

学さん「車には冷蔵庫がないので、大きいクーラーボックスのほうが夏場は安心かなと。難点は寝ているときにタイヤが足にぶつかることです(笑)」

EcoFlow EFDELTA


ライクサタデーさんがメインで使っているポータブル電源は、1260whもの巨大なバッテリー容量に、1600Wの高出力でどこでも家電製品が使えるポータブルバッテリー。この大容量で高速充電が叶う、非常に使い勝手の良い製品です。

snow peak シェルフコンテナ25


「車を購入する前から持っていたコンテナですが、下のスペースにぴったり収まりました!右側はガジェットや撮影機材、ガス管、三脚、ランタン、左側はキッチンツールと、ざっくり分類して使っています」

GORDON MILLER  スタッキング トランクカーゴロータイプ30L


 今まではもう少し高さのあるサイズしかありませんでしたが、2021年にフロアボードの下に入る高さの新作が登場!シンデレラフィットで、ライクサタデーのお二人もとても気に入っていました。

EcoFlow ソーラーチャージャー


「ポータブル電源と同じ「EcoFlow」のソーラーチャージャー。天気の良い日はルーフキャリアに乗せて充電すると、けっこう電気がたまります」

XGIMI Mogo Pro


これは何かというと…手のひらサイズで場所をとらないコンパクトボディのモバイルプロジェクター。外出先や旅先でも、感動の映像体験を楽しめます。「スクリーンはハイエースのカーテンレールにかけると、ジャストサイズ!」

UI vehicle 虫除け防虫ネット


ハイエースのサイドとリア部分に取り付け可能な防虫ネット。虫が嫌がる素材を使用していて、夏場の蚊除けにぴったりです。通気性は抜群。くるくる巻くだけで収納でき、出したいときにさっと出せるので使い勝手も◎。

ソトレシピTV「公務員を辞めてハイエース車中泊で日本一周する夫婦・Like Saturday ライクサタデーさんのバンライフをご紹介【ゴードンミラー】」ではライクサタデーさんのゴードンミラーの内部や炊飯器、スパイスボックスといった日常使いの小物、撮影機材まで動画で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

4.ライクサタデーさんおすすめ調理道具6選


ライクサタデーさんがキャンプで愛用している調理道具を6つ教えてもらいました。バンライファーならぜひとも試してみたいアイテムも!

Staub ピコ・ココット オーバル


「煮込み料理の味が全然違う!」とまみさんが自宅でも愛用していたStaubのお鍋。丸いものもありますが、オーバルの形がお気に入りだそう。

まみさん「バンライフでは水を捨てづらいので、極力水を使いたくないんです。その点Staubは無水調理ができるのがいいところ。肉じゃが、鍋、カレー、シチューと、大抵の料理は全部これでできちゃいます」

snow peak HOME&CAMP バーナー


片手で持ててしまうほどコンパクトなのに、ロボットの変身技のようにあれよあれよと卓上バーナーに早変わり。バーナー部分の内側から炎が出る構造になっているため、風の影響を受けにくいのも特徴です。

■snow peak バーナーシートL

「snow peak HOME&CAMP バーナー」とセットで使っているという、同ブランドのバーナー用断熱シート。使い勝手の良い大判サイズです。

trangia メスティン


スウェーデンの老舗ブランド「トランギア」のメスティン。収納力アップの技としてラージサイズの中にもうひとつ小さいメスティンを収納しています。

マッコリカップ


本来は韓国のお酒・マッコリを飲むカップをアウトドア用に使用しています。リーズナブルかつ、まみさんの好きなゴールドで、大のお気に入りなんだとか。ご飯やお味噌汁を入れるなどシェラカップのように使っています。

ソトレシピプロダクツ シェラどんぶり


ボウルがわりにお好み焼きの粉を混ぜたり、ラーメンを作ってそのまま食べたり。食器と調理器具の2役として使いこなしているそうです。「旅にボールを持ってくるか迷って止めたんですが、シェラどんぶりのおかげで助かっています。取っ手があるのもいいですね!」

シェラどんぶりの詳しい情報は「クッカー、どんぶり、ボウル」を“シェラどんぶり”ひとつで!ソロキャンプをオシャレに快適に変えてゆく」をご覧ください。

ダイソー 油はね防止ネット


車中泊に特化した、おすすめ調理器具と紹介してくれたのは、「油はね防止ネット」。「キャンプ飯なら気にならないかもしれませんが、車内で料理するとき、周りを油で汚したくないときに、すごくおすすめです。まだ試したことがない人はぜひ使ってみてください!」

5.ライクサタデーのまみさんおすすめソトレシピ2選


ライクサタデーさんおすすめの、ビールにめちゃくちゃ合う絶品キャンプ飯2品が登場!いずれも下準備をして炭火で焼くだけなので、2品同時に作れます。

わさび手羽


わさびをたっぷり塗っているものの、意外に辛みを感じません。塩コショウといった味付けを一切していないのに、わさびの風味と旨味があと引くおいしさ。わずか3ステップで完成してしまう手軽さはキャンプ飯に最適です。

<材料>
手羽先・・・適量
わさび・・・適量

<作り方>
1.手羽先に切り込みを入れる。
2.わさびを(たっぷり)塗る。
3.炭火で皮目から焼く。

豚巻きカマンベールチーズピーマン


最後にブラックペッパーをたっぷりかけて食べるのが好みとのこと。ホールのブラックペッパーを使うのもおすすめです。

<材料>
カマンベールチーズ・・・適量
ピーマン・・・適量
豚バラ肉・・・適量
ブラックペッパー・・・適量

<作り方>
1.ピーマンを半分に切って、種を取る。
2.半分に切ったカマンベールをピーマンに入れる。
3.ブラックペッパーを振りかける(多めに)。
4.豚バラ肉で巻く。
5.炭火で焼く。

6.ライクサタデーさんはいま、日本のどこに?


取材時点では富士山をとっても近くに見られる、静岡県の大野路ファミリーキャンプ場(静岡県裾野市)にいたお二人。「今のところ、これから南下する」というお話でしたが、これからのスケジュールも将来も出会う人々によって変わっていくという考えから、明確に決まっていないそう。

そんな何が起こるかわからない毎日を目一杯楽しんでいるライクサタデーさんは、今頃どこにいるのでしょうか。ライクサタデーさんの現在地や旅の様子を知りたい方は、動画やSNSをぜひチェックしてみてください。

「教えて!みんなのソトレシピ」第17回目はいかがでしたか?それでは次回の連載もお楽しみに!

▶︎ライクサタデーさんのインタビューを動画で見たい人は、ソトレシピTVの以下の動画にアクセス!
前編「公務員を辞めてハイエース車中泊で日本一周する夫婦・Like Saturday ライクサタデーさんのバンライフをご紹介【ゴードンミラー】
後編「Like Saturday ライクサタデーさんの車中泊&キャンプで使える料理ギア6選!ビールに合う絶品キャンプ飯も教えていただきました【スノーピーク】

▶︎ライクサタデーさんのInstagramはこちら
▶︎ライクサタデーさんのTwitterはこちら
▶︎ライクサタデーさんのYouTubeチャンネルこちら

ライターProfile
ソトレシピ編集部

自分たちのアウトドアスキルの向上&キャンプ料理の上達を目指しながら、いろいろ情報発信していきたいと思います!

関連ニュース

お知らせ