ラムラックステーキ

ラムチョップでは物足りない!豪快に塊肉で焼く!

道具
  • スキレット
  • チャック付き袋
  • 保温容器
調理時間
60分

材料

(4人分)

  • ラムラック・・・800g
  • にんにく・・・2片
  • 塩・・・適量
  • こしょう・・・適量
  • オリーブ油・・・大さじ4
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • パセリ・・・大さじ2
  • 水・・・大さじ4
  • パプリカ(赤・黄)・・・各1/6
  • ズッキーニ・・・1/4
  • オクラ・・・2本
  • カッテージチーズ・・・大さじ4
  • ラズベリージャム・・・大さじ4
作り方
  1. ① 塩こしょうしたラムラックを、みじん切りにしたにんにくとオリーブオイルでマリネする。
  2. ② スキレットをあたため、マリネ液ごと肉をスキレットにいれ、全面にしっかり焦げ目がつくように焼き、焼けた肉をジップ袋に入れる。ラムラックステーキラムラックステーキ
  3. ③ ②の間にわかしておいた湯(約60℃)を保温容器にいれ、そこに②を入れる。そのまま40分ほどおく。ラムラックステーキ
  4. ④ ズッキーニはサイコロ、オクラは輪切りにし、肉を焼いたスキレットでサッと焼き、輪切りにしたパプリカのなかにもる。
  5. ⑤ ④のあとのスキレットにしょうゆ、水、みじん切りにしたパセリを入れ煮詰めてソースにする。
  6. ⑥ 時間をおいた③の肉を取り出し、骨にそってカットし、火のとおりを確かめ、⑤のソース、カッテージチーズ、ジャムをつけあわせてできあがり。ラムラックステーキ

シェフのひとこと

表面をしっかり焼いたら、後は保温で、ゆっくりと中に熱を通して行くのがポイントです。

シェフProfile

Pear
寒川せつこ・奏の、食に貪欲な母娘のユニット。思春期や反抗期など、様々な親子ならではの山を乗り越えた二人の息はぴったり。現在娘はノルウェー在住だが、心とWi-Fiが繋がっている2人の料理の幅が北欧文化と交わり、さらに広がっていくことに乞うご期待。 レシピ提供「メスティンレシピ」(山と渓谷社)「メスティン自動レシピ」(山と渓谷社)「趣味どきっ!たのしく防災!はじめてのキャンプ!」(NHK出版)

    関連レシピ