Logo pc

Magazine icon

ソトレシピニュース

買い出しをコンビニだけで済ませたい!『コンビニキャンプ料理』研究会その②〜メスティンは強い味方

  • Sns line

メスティンで塩鮭ご飯に挑戦


コンビニキャンプ飯研究会その1はコチラ


前回に引き続き、コンビニキャンプ料理の研究成果をご報告いたします。


“メスティン塩鮭ご飯”

まず、セブンイレブンで購入した「天然紅鮭の塩焼」をご紹介します。こちらは電子レンジで温めるタイプ。


注意書きに「魚の骨にご注意ください」とあるように、しっかりと紅鮭です。こちらをご飯と一緒にメスティンで炊いてしまおうと思います。


“メスティン塩鮭ご飯”

まずはお米を吸水。1合は食べきれないと判断し、少なめにしています。


“メスティン塩鮭ご飯”

15分ほど吸水させたら、さきほどの紅鮭を入れます。なんとメスティンのサイズにピッタリ!シンデレラフィットマニアにはたまりません。


“メスティン塩鮭ご飯”

こちらはお手軽カット野菜の「刻み白ねぎ」です。

スーパーで買う長ネギって、袋から飛び出したり、キャンプのために買ってもけっこう余りがち。これがコンビニでも手に入るのはありがたい。


“メスティン塩鮭ご飯”

ねぎを散らして、ついでに料理酒を入れます。もちろん料理酒なんてないので、日本酒を少々。


“メスティン塩鮭ご飯”

メスティンのふたをして、火にかけます。ちなみに、塩鮭ごはんはソトレシピシェフのSachiさんが、「メスティンレシピ」(山と溪谷社)にて紹介していたレシピを参考にしています。


Sachiさんのレシピをチェック!


「メスティンレシピ」をチェック!


“メスティン塩鮭ご飯”

10分ほど経過すると湯気が吹き出してきました。ご飯が少なめなので、吹きこぼれまではいかなそう。Sachiさんのレシピによれば、17〜20分ほど加熱するようです。


“メスティン塩鮭ご飯”

17分ほどで火を止め、グローブなどをしてメスティンを逆さにし、布などで包んで10分ほど蒸らします。


“メスティン塩鮭ご飯”

フタを開けたら、見事な塩鮭ご飯の完成です!味のほうもばっちり!塩味がきいていて、ご飯との相性もバッチリ。

骨があるとの注意書きもありましたが、大きな骨でとりやすい。

インスタントの味噌汁とともに、キャンプでごく日本的な朝食を楽しむことができました。


コンビニで入手できる紅鮭。これは研究しがいがありますね。メスティンとの相性も最高でした。


じゃがりこマッシュのバリエを楽しむ


シェルパ斉藤さんの「ワンバーナークッキング」(エイ出版社)で見た「じゃがりこマッシュ」に衝撃を受けたことをよく覚えています。


スナック菓子のじゃがりこにお湯を入れるだけでマッシュポテトになるなんて!まさに目からウロコでした。


もちろん、じゃがりこはコンビニでも入手可能。ここでは、同じくコンビニで入手可能な食材を加えて、じゃがりこマッシュのアレンジを楽しみたいと思います。


“じゃがりこマッシュ”

購入したのは、じゃりことマヨネーズとコンビーフ! 胡椒は調味料BOXに常備していたものを使います。


コンビーフはどこのコンビニでもだいたい入手できますよね。じゃがりこはチーズ味にしてみました。


“じゃがりこマッシュ”

まず、じゃがりこにお湯を注ぎます。じゃがりこが半分浸らないくらいお湯を入れます。お湯が少なめのほうがじゃがりこの固さを残せて、食感を楽しめる気がします。


“じゃがりこマッシュ”

ここでマヨネーズを加えます。よりマイルドな仕上がりになるかと予測。こちらはお好みです。


“じゃがりこマッシュ”

コンビーフの缶を開けたら。下側を残した状態で包丁でさいの目的に切っておきます。こちらのほうが、投入後に潰すのが楽です。


こちらのテクニックはソトレシピシェフの風森さんに教わりました。分量を鑑み、コンビーフを2/3ほど入れて。混ぜます。


風森さんのレシピをチェック!


“じゃがりこマッシュ”

最後に胡椒を振ってできあがりです! じゃがりこのチーズ味とコンビーフがベストマッチ。とっても美味しい!


かなり個人的な好みの味ってこともありますが、控えめに言っても、居酒屋のお通しとして出てきても嬉しいメニューに仕上がりました!


じゃがりこマッシュでポテサラ風に


“じゃがりこマッシュ”

今度は、じゃがりこにマヨネーズ、ゆで卵を加えて、卵入りのポテトサラダ風にします。じゃがりこもサラダ味にしてみました。


“じゃがりこマッシュ”

じゃがりこにお湯を半量入れ、じゃがりこを潰していきます。ある程度潰してマッシュ状になったらゆで卵も投入。一緒に潰していきます。


“じゃがりこマッシュ”

最後はコンビーフ同様、胡椒を振ってできあがりです。卵の食感も加わり、絶妙なポテサラ感! ハムとかきゅうりとかを加えてもいいかもしれませんね。


じゃがりこマッシュ、偉大です。とにかく失敗がないところがいいですね。


コンビニ食材ですき焼きができないものか


失敗のないじゃがりこマッシュの後で恐縮ですが、やや微妙だったメニューも紹介します。


前回の最後にご紹介した、「プチっとどんぶり」。こちらのポーションの余りを使って何かできないかと考えたのが「すき焼き」です。


プチっとどんぶりはこちらで紹介しています。


“プチっとどんぶりで牛皿”

牛丼の甘じょっぱい味が、すき焼きに近づけられるのではないかと考えた次第です。


“コンビニキャンプ飯”

しかし、コンビニですき焼き用の牛肉は見つけられず。精一杯、牛肉に近いもの……で、たどり着いたのが「パッパービーフ」でした。


“ビーフ”がついてるし、これはイケるのでは……。早速作ってみます。


“コンビニ食材ですき焼き”

プチっとどんぶりにお世話になります。すき焼きと言えば豆腐。豆腐はコンビニでも売っていますね。


“コンビニ食材ですき焼き”

早速ペッパービーフを焼いていきます。テフロン加工されたフライパンであれば、油を使わずに焼けます。


本来であればまずは牛脂を炒めるところですが、いきなりのペッパービーフからのスタート。ご存知のとおり、胡椒の香りが際立っていきます。怪しい雲行きです。


“コンビニ食材ですき焼き”

火を通さなくても食べられるペッパービーフですから、火入れもそこそこにさいの目に切った豆腐を投入します。

見た感じだけやや近づいたでしょうか。香りは胡椒です……。プチっとどんぶりも投入します。


ここで再度ねぎの登場。お手軽カット野菜の「刻み白ねぎ」です。


“コンビニ食材ですき焼き”

一応、完成です。しかし、当初からの胡椒の強さはおさえきれず……。豆腐すらもペッパービーフの味にもっていかれています。


食べられないほどヒドイわけではありませんが、やはりちゃんとした牛肉、そして牛脂から焼き上げたいところでした。


さて、コンビニキャンプ飯研究、いかがでしたでしょうか。今回は紅鮭の塩焼のように、魚を使えたところが発見でした。


これにより、レシピの方向性にも幅ができたように思います。つづく。

Icon car

ライターProfile

ソトレシピ編集部
自分たちのアウトドアスキルの向上&キャンプ料理の上達を目指しながら、いろいろ情報発信していきたいと思います!
  • Fb
  • Twitter
  • Instagram
  • Sns line

関連レシピ