Logo pc

Magazine icon

ソトレシピニュース

買い出しをコンビニだけで済ませたい!『コンビニキャンプ料理』研究会その①

  • Sns line

コンビニでも意外といろいろ揃います


いざキャンプとなると、意外と買い出しに時間をとられます。とはいえコンビニに寄らずにキャンプ場に行くこともないくらい、スーパーでの買い出しとは別に、どっかで確実にコンビニにも寄ってもいますよね。


“コンビニキャンプ料理”

どうせなら、すべての買い出しをコンビニで済ませられないものか。全食弁当とカップ麺でなら余裕で済ませられますが、もう少し“キャンプ料理”も楽しみたい。そこで、コンビニで揃う食材でつくるキャンプ料理を研究したいと考えた次第です。


食材探しという観点でコンビニに行ってみると、けっこう充実してることに気づかされます。


おにぎりと缶詰でつくる鶏雑炊


まずは缶詰とおにぎりで雑炊を作ります。この2品はどこのコンビニでも入手できるはず。ただ、肝になるのは味の決め手となる鍋キューブです。鍋に適した秋冬になるとコンビニでも見かけることもありますが、100%置いてあるわけではないですかね。


“キャンプでコンビニ鶏雑炊”

今回は運よく置いてありましたが、調味料ボックスに常備しておいていいほど優秀です。


“キャンプでコンビニ雑炊”

おにぎりはのりを別にして、ごはんだけシェラカップに投入。やきとり缶(今回はとりたまに)もそのまま加えます。焼き鳥缶、塩かタレか迷うところですが、タレをチョイスしています。

そして鍋キューブ(濃厚白湯)を入れたらあとは水を入れて火にかけるだけです。


“キャンプでコンビニ雑炊”

鍋キューブが溶けたらできあがりです。もったいないので鍋キューブは1個使い切ってしまいましたが、おにぎり1個とやきとり缶に対しては量多すぎたかもしれません。ただ、濃い目の味つけがお好みの方にはアリかも(健康的ではないかもですが)。


おにぎりの具、やきとり缶の種類、鍋キューブの味と、組み合わせは自分次第。さまざまバリエも楽しめそうです。


サラダチキンでカオマンガイ(風)


ソトレシピにもご協力いただいている、うしろシティ阿諏訪泰義さんが、サイゲン大介としてテレビでも紹介されていた、カオマンガイ。こちらもコンビニエンスストアで手に入る食材だけで作れるというものでした。


“サラダチキンカオマンガイ”

しかし、やはりコンビニといっても必ずしも同じものが揃うわけではありません。サイゲン大介のレシピではレタス、パプリカ、トマトなども含まれていましたが、写真のものしか揃いませんでした……。


材料は以下のとおりです。

・サラダチキン(プレーン)

・米

・ベビースター

・カットねぎ

・しょうゆ

・生ニンニク

・生しょうが

・ポッカレモン


“サラダチキンカオマンガイ”

ないものは仕方ないので、まま作ります。まずはサラダチキン(ノーマル)を食べやすいサイズにカット。ちなみに、お米はコンビニでも入手可能でしたが、もったいなかったので持ち込んでおります。


“サラダチキンカオマンガイ”

テレビでは炊飯器での作り方が紹介されていたようですが、キャンプ場にはそんなものはありませんので、シェラカップで炊飯します。お米を吸水させつつ、ニンニク、しょうがを入れて、ベビースターを好みでふります。材料には入れていませんでしたが、気まぐれでごま油をたらしてみました。


“サラダチキンカオマンガイ”

切っておいたサラダチキンも入れちゃいます。ベビースターはもっと大量に入れてもいいのでしょうが、見た目が悪くなる気がしたので少量にしておきました。


“OKAMADON”

シェラカップ炊飯に適したアイテム、“OKAMADON”で炊きます。フタに適度な重みがあり、吹きこぼれなどで慌てることなくシェラカップでの炊飯が可能です。


OKAMADONについて詳しくはコチラ


“シェラカップカオマンガイ”

無事炊飯できて、蒸らしている間にタレをつくります。さすがにナンプラーはコンビニで見たことありませんが、しょうゆとポッカレモンでそれっぽくなるようです。

しょうゆ→大さじ2、レモン汁→大さじ1、あとは適量で作っています。炊きあがったカオマンガイご飯の上にタレをかけて、いざ、実食。


“シェラカップカオマンガイ”

悪くない……です。タレは倍量つくってもいいくらい。あと、もう少しベビースターは入れてもよかったかもしれません。パプリカやトマトなど付け合わせがないのがさみしい限りです。


あと、気まぐれで入れたごま油は、なくてもいいかもしれません。それと、鶏雑炊に続いてカットねぎは欠かせなかったですね。


さて、コンビニ飯を2品レビューしてみましたが、課題はコンビニによって入手できるか否か、微妙なラインの食材もあること。また、行ってみないとあるかないかわからない不安感が残ります。

おにぎりとやきとり缶くらい、品揃えの確実性の高い食材で構築できると、全国共通で安心してコンビニキャンプ飯を楽しめる気がします。


コンビニ食材ではないけれど……


さいごにおまけの1品を紹介します。コンビニ食材でなくて申し訳ありません。


“プチっとどんぶり”

こちらの「プチっとどんぶり」をご存知でしょうか。これさえあれば、余計な調味料いらずで牛丼ができちゃいます。


“プチっとどんぶりで牛皿”

作り方も超絶シンプル。長ネギ(玉ねぎでも)と牛肉に火をかけつつプチっとどんぶりを入れるだけ。


“プチっとどんぶりで牛丼”

あとは、コンビニの塩むすびでも、湯煎するタイプのご飯でも、もちろん炊きたてごはんでもいいので、乗っけて牛丼にするだけです。卵もあれば、実に本格的な牛丼のできあがり。


便利なものが増えたものです。このポーションタイプの「素」を使ったレシピも研究したくなりますね。


といった感じで、今後もコンビニで手に入る食材(その他)を使ったキャンプ料理の研究成果をご報告していきたいと思います! ソロキャンメニューばかりにならないように気をつけねば!

Icon car

ライターProfile

ソトレシピ編集部
自分たちのアウトドアスキルの向上&キャンプ料理の上達を目指しながら、いろいろ情報発信していきたいと思います!
  • Fb
  • Twitter
  • Instagram
  • Sns line

関連レシピ