Logo pc

カブとラム肉のナヴァラン

トロトロのカブとラム肉の香りが食欲そそる、フランス風ソト煮込み“ナヴァラン”。

  • Sns line
道具
調理時間
40分

材料

(4人分)

  • ラム肩肉またはモモ肉・・・400g(なければ牛肩肉でもOK)
  • 塩(肉の下味用)・・・3g
  • 白コショウ(肉の下味用)・・・1g
  • ニンニク・・・40g
  • 白ワイン・・・300ml
  • トマト缶・・・100g
  • 水・・・適量(具材が隠れる程度)
  • カブ・・・6個(ラディッシュでもOK)
  • 小麦粉・・・10g
  • 玉ねぎ・・・200g
  • パセリ・・・適量
作り方
  1. ① ラム肉を一口大に切り、両面に塩、白コショウで下味を付け、小麦粉もしっかり目にまぶしておく。ラム肉に下味をつける
  2. ② 煮崩れしないように、カブは皮付きのまま葉を落とし、ひげ根を切り落としておく。カブのひげ根を切り落とす
  3. ③ 鍋にサラダ油を敷き、縦に半割にしたニンニクを入れて、香りが出るように弱火で加熱する。ニンニクを炒める
  4. ④ ①のラム肉を鍋に入れ、表面に焼き色が付いたら一度取り出しておく。ラム肉に焼き色をつける
  5. ⑤ 芯を付けたまま6等分にした玉ねぎ、皮を残し、縦半分にしてから乱切りにしたにんじんを鍋に加えて、少ししんなりするまで炒める。このとき既に炒めていたニンニクはそのままにしておく。玉ねぎとにんじんを炒める
  6. ⑥ ⑤に白ワインを加えてひと煮立ちしたら、②、④、トマト缶、水、塩を入れ、ラム肉が柔らかくなるまで20分ほど煮込む。白ワインを加えて煮込む
  7. ⑦ 塩、白コショウで味を整え、仕上げに粗みじん切りにしたパセリを振りかけて完成。
Balloon
Icon sp

シェフのひとこと

Icon kan
ナヴァランとはフランス語で煮込みのこと。少しトロッとさせるために、ラム肉には小麦粉を付けるのを忘れずに!
Pcdrawer3

シェフProfile

藤木徳彦
1998年、長野県蓼科高原に宿泊とレストランを兼ねたオーベルジュをオープン。オーベルジュの庭には薪でパンを焼く石窯、自家製の生ベーコン、生ハムのほか、信州の食材を燻製するスモークハウスも! もちろんキッチンの中でも、ジューシーなお肉を炭火でじっくり調理できる設備を完備している。子供の頃、ボーイスカウトで体験した屋外での調理の醍醐味や美味しさをソトレシピとして紹介中!
    • Sns line

    関連レシピ