ソトレシピニュース

ジビエほうとうを群馬埼玉の郷土料理おっきりこみにアレンジ!!【チャレンジソトレシピ】

地元の名物でソトレシピに挑戦!


“おきりこみ”

キャンプに行くと、道中で道の駅に立ち寄りたくなるのはキャンパーの性ですよね。大抵何かしらの郷土料理やら特産品があるものです。


“おきりこみ”

せっかくだから、その土地土地の味覚を楽しむのもキャンプの醍醐味というもの。ということで、各地の名物をレシピに取り入れてソトレシピにチャレンジする企画がスタートします!!


第一回目にキャンプに訪れたのは群馬県前橋市。さっそく道の駅に行って物色してみることに。


ちなみに、実は筆者は料理初心者。BBQくらいでしかキャンプ料理を作ったことがない食べ専ライターです。果たしてうまくできるのでしょうか。


今回の名物は「おきりこみ」


“おきりこみ”

店内を物色していると名物らしき「おきりこみ」なるうどんのようなものを発見! 群馬県の小麦を100%使用しているみたい。調べてみると群馬や埼玉の特産品で、どうやら山梨のほうとうに近いものみたいです。


“ジビエほうとう”

ソトレシピで調べてみると「ジビエほうとう」のレシピが。ということで、第1回目のチャレンジレシピは「ジビエほうとう」を「おきりこみ」を使って挑戦します! まずは材料を集めていきます。


ジビエほうとうのレシピを見る


おきりこみで「ジビエほうとう」をアレンジ!


“おきりこみ”

ジビエほうとうの材料に合わせて道の駅で買い物してきました。ほうとうの代わりの「おきりこみ」以外にも、地元の麦みそ、キャンプ場手作りのソーセージをゲット!


これで地元名物アレンジレシピに挑戦できます! ひらたけとさやえんどうが見つかりませんでしたので今回は抜きにします。また、白だしは少ししか使わないので代わりにめんつゆの小パックにしました。油揚げもなかったので厚揚げで代用します。


“おきりこみ”

まずは野菜を切っていきます。白菜は3cm幅に切り、にんじん、大根は5mm幅の輪切りに。じゃがいも、かぼちゃは3-4cm角に……。


“おきりこみ”

次に、ダッチオーブンに水を入れて、沸騰したらめんつゆを加えます。勝手に白だしの代わりにめんつゆを入れているけど大丈夫だろうか……。でもカツオのいい香りが広がっています。


“おきりこみ”

かぼちゃ、にんじん、大根を入れて5分煮込みます。まずは固い野菜から柔らかくしていくんですね。


“おきりこみ”

かぼちゃなどが柔らかくなってきたら、そのほかほうとう以外の食材を入れます。これでさらに5分煮込みます。


“おきりこみ”

しまった!

ここでミスに気がつきました。食材をダッチオーブン(ステンレスダッチオーブン8インチ/SOTO)に入れすぎて、おきりこみを入れるスペースがない!


“おきりこみ”

仕方がないのでいったん別皿に一部の食材を退避させてスペースを確保することに。


“おきりこみ”

さぁいよいよ主役のおきりこみを投入! 平べったくてワシワシとしたしっかりした麺です。


“おきりこみ”

おきりこみが柔らかくなったら、味噌を入れて仕上げていきます。


“おきりこみ”

味噌をよく混ぜて溶かしたら完成です!


“おきりこみ”

食べてみるとこりゃうまい! 味噌を溶かす際にかぼちゃが煮崩れして、スープに溶け込んでしまったのですがそれがいい味だしています。


かぼちゃの甘みが口いっぱいに広がります。かすかにカツオの風味も(おそらくめんつゆ効果)。おきりこみがまとっていた小麦粉によってスープがとろみをおびているのでめんによくからみます!


名物アレンジにぴったりな「ほうとう」


“おきりこみ”

料理初心者なので最初はどうなるかと思いましたが、ほうとうなら野菜を切って鍋に入れるだけなのでめちゃくちゃ簡単です。


BBQができれば作れちゃいます。筆者と同じような初心者に強くおすすめしたいです。


“おきりこみ”

ソトレシピに「基本は家庭料理なので、材料にこだわらず、好みの食材で楽しんでください」と書いてありましたが、まさにその通り。そんなに気張らずに、ゲットできた野菜と味噌と麺で美味しく作れると思います。


「おきりこみ」以外にもほうとうの代わりになる麺はまだまだ全国にありそうです。ぜひ皆さんも訪問先の食材を使ってジビエほうとうにチャレンジしてみてください!

ライターProfile

ソトレシピ編集部
自分たちのアウトドアスキルの向上&キャンプ料理の上達を目指しながら、いろいろ情報発信していきたいと思います!

関連レシピ