Logo pc

Magazine icon

ソトレシピニュース

【みんなのフェスレシピvol.3】『GOOUTCAMP vol.15』でおしゃれ料理&テントを覗く!

  • Sns line

こんにちは! フェス歴15年のライターあつこです。会場内で料理が作れるキャンプフェスにおじゃまして、みなさんの「ソトごはん」を覗かせていただく『みんなのフェスレシピ』連載。今回は、静岡県ふもとっぱらで開催される人気キャンプフェス『GO OUT CAMP』潜入してきました。


ファッション・アウトドア・ライフスタイル雑誌『GO OUT』がプロデュースするフェスだけあって、キャンパーたちのテントサイトのおしゃれ度はピカイチ。キャンプ料理にもこだわりが光っていました。


私たちソトレシピも、熱海市で活動する森林保全団体・熱海キコリーズとコラボして『熱海キコリーズ食堂 meets ソトレシピ』を出店! その模様もあわせてお届けします。


富士山のふもとでのびのびとキャンプ


GOOUTCAMP2019

GO OUT CAMPの魅力は、なんといっても開放感あふれるロケーション。富士山をはじめとする山々に囲まれ、大自然の息吹を感じながらキャンプを楽しめます。


GOOUTCAMP2019

メイン会場には、さまざまなミュージシャンや芸人が登場するGO OUT STAGE、50近くものショップが連なるBRAND AVENUE、アクティビティブースやフードブースなどが大集合。


GOOUTCAMP2019

それを囲むようにキャンプエリアが広がっています。大人から子ども、ワンちゃんまでがみんなのびのび楽しそう。


GOOUTCAMP2019 GOOUTCAMP2019

大自然の中で手作り餃子パーティー!


GOOUTCAMP2019

キャンプエリアを歩いていると、テーブルでなにやら作業をしているグループを発見。なんと、餃子を皮から作っているところでした! 具のたっぷり詰まった大ぶりの餃子がとってもおいしそう…。


GOOUTCAMP2019

豚肉・キャベツ・ニラ・生姜を混ぜ合わせた餡は、焼いたときに出る肉汁を吸いやすいようにキャベツの水分をしっかり絞るのがポイントだそう。フライパンできつね色になるまで焼いたら完成。シェラカップに注いだ特製ダレでいただきます。ひとつ味見させていただきましたが、モチモチの皮とジューシーな餡が絶品でした。


GOOUTCAMP2019 GOOUTCAMP2019

こちらの5人グループは、横山佑香さんとそのキャンプ仲間のみなさん。月1回のペースでキャンプに出かけ、GO OUTにも何度も参加しているのだとか。ボストンテリアのちょびちゃんも大事なキャンプ仲間!


GOOUTCAMP2019 GOOUTCAMP2019

ヴィンテージテイストでまとめられたテントサイトは、お酒のミニチュアボトルやスパイスボックスなどがきれいに並べられて、ショップのディスプレイさながら。


GOOUTCAMP2019 GOOUTCAMP2019

焚き火ハンガーの使いこなし方もさすがです。重宝しているキャンプギアは、ORCAのクーラーボックスとイワタニのカセットコンロだそう。


GOOUTCAMP2019 GOOUTCAMP2019

SOTOのデュアルグリルで鯛めし!


GOOUTCAMP2019

Nordiskのテント&タープに整頓されたキッチンスペース。スタイリッシュな雰囲気が目を引くこちらは、神奈川から来た松野彰布さん・裕子さん夫妻のテントサイトです。


GOOUTCAMP2019

キャンプ歴は大学時代からというご主人と、音楽フェスによく行っていたという奥さん。二人にとってキャンプフェスはぴったりなデートスポットのようです。


GOOUTCAMP2019

最近買った調理ギアは、APELUCAのピザオーブンポットとテーブルトップスモーカー。手軽に本格ピザや燻製が作れる器具で、かわいいフォルムにひと目惚れしたそう。キャンプ料理の幅がぐっと広がりそうですね。


GOOUTCAMP2019

もうひとつ、最近買った中でお気に入りのアイテムがあるとのこと。新富士バーナーのアウトドアブランド・SOTOが発売している、卓上で炭火が使えるデュアルグリルです(写真右下)。それを使って晩ごはんを作るとお聞きしたので、夜に再びおじゃましてみました。


GOOUTCAMP2019

主食は鯛めし! 鍋ごとデュアルグリルに入れて炊き上げたという、簡単なのにインパクト抜群なキャンプ料理です。味つけは醤油・みりん・和風だしの素で手軽に。おこげの具合も絶妙でした。


GOOUTCAMP2019

ほかにもローストビーフや、テーブルトップスモーカーで作ったうずらの卵やベーコンの燻製など、お酒の進む料理がずらりと並んでいました。


GOOUTCAMP2019

総勢7組の大所帯で、賑やかディナータイム!


GOOUTCAMP2019

クラシックカーが存在感を放っていたこちらのテントサイト。神奈川県座間市にあるヴィンテージキャンプギア・アパレル・雑貨ショップのmistermorningstar(ミスターモーニングスター)のオーナーとそのお客さんで構成された、総勢7組のグループでした。定期的にキャンプミーティングを開催しており、GO OUT CAMPは初参加とのこと。


GOOUTCAMP2019 GOOUTCAMP2019 GOOUTCAMP2019

ディナータイムを彩っていたのは、野菜たっぷりのタコス。お子さんでも食べられるように辛さを抑えた味つけにしているそう。お好みの具を選んでカスタマイズできる楽しさがアウトドアにぴったりです。


GOOUTCAMP2019 GOOUTCAMP2019

そのほか、牧場で買ったという肉厚のハンバーグステーキ、山形に親戚のいる方が再現したという本場の味の芋煮など、ホームパーティーのように豪華なディナーでした!


GOOUTCAMP2019 GOOUTCAMP2019

手作り焚き火台であったかおでん!


GOOUTCAMP2019

ふもとっぱらでのキャンプが大好きという宮内佐記さんグループ。家族・友人・同僚が集合し、今日が初対面の方同士もいるのだとか。お知り合いの手作りという焚き火台を使って、どんなキャンプ料理を作るのでしょうか。


GOOUTCAMP2019

できあがったのは、大きな鍋にたっぷりと入ったおでん。前日に具材をカットして下茹でし、今日のお昼から昆布だしをとって煮込んだ本格おでんです。静岡名物の醤油入り黒スープに、味の染みた牛スジ・大根・タコ・黒はんぺんなどがぎっしり。


GOOUTCAMP2019

テーブルには、巨大なビーフステーキ、骨つき鶏のカレーとスキレットで焼いたナン、なすとキャベツのアンチョビ炒めなども並んでいました。どれも食欲をそそります!


GOOUTCAMP2019

お座敷リビングでリラックス!


GOOUTCAMP2019

最後にご紹介するのは、キャンプ歴5年の小山浩さん・優さん夫妻。お食事どきではなかったのですが、こだわりの光るテントサイトだったので撮影させていただきました。愛犬のジャモちゃん・ジョアちゃんもキャンプを満喫している様子!


GOOUTCAMP2019 GOOUTCAMP2019

テント内は、今回初めての試みというお座敷仕様。ストーブを囲んで、まるで本物のリビングのようにリラックスして過ごせそうですね。


GOOUTCAMP2019 GOOUTCAMP2019

『熱海キコリーズ食堂 meets ソトレシピ』出店!


今回ソトレシピは、「ソトレシピ地方創生プロジェクト」第一弾として、熱海市で活動する森林保全団体・熱海キコリーズとコラボ。熱海の63%を占める森林ですが、その多くは環境に悪影響を及ぼしている放置林。その間伐時に出る木材を使ったカッティングボード作りなどのDIYワークショップに加え、静岡の食材を使った料理やドリンクを提供しました。


GOOUTCAMP2019

熱海キコリーズは、登録者数20名ほどの有志団体。熱海市の林業家育成プロジェクトを通じて出会った仲間たちで結成されました。「熱海の森に新しい風を」をビジョンに掲げ、伐採・草刈り・間伐材を使ったワークショップなどを行なっています。


GOOUTCAMP2019

メンバーの多くは副業で林業に携わる人たち。代表の能勢友歌さんは、広告代理店に勤めながら東京と熱海の二重生活をしているそう。メンバーの田中雄一郎さんも先日までは会社員でしたが、熱海キコリーズの活動をきっかけに林業を本業にすることを決めたそうです。


GOOUTCAMP2019

「林業家育成プロジェクトに参加したきっかけは『熱海が好き』『林業に興味がある』など人それぞれ。そこから熱海の森を守りたいという思いが強くなり、この活動をスタートしました。山をきれいにすれば川に養分が流れて海が潤いますし、間伐材を建材や家具として市内に提供したりワークショップに活用したりすることで、6次産業化にも貢献できます。森林を守るところから、みんなが楽しめるところまで、外部の方々とコラボしながら実現していけたらと思っています」


GOOUTCAMP2019

熱海の間伐材でカッティングボードやスープボウルを作るワークショップは、終日大盛況! 自分で木を切ったり削ったりして作るアイテムは愛着が持てますよね。辺りには木を加工する小気味いい音と、ヒノキのいい香りが漂っていました。


GOOUTCAMP2019 GOOUTCAMP2019

ソトレシピでは、炭火で焼き上げる「ふもとっぱら焼きおにぎり」や「ふもとっぱら豚汁」、静岡のお茶で育つ豚を使った「TEA豚ローストポーク」を販売。「熱海ビール」や「熱海だいだいサワー」も好評でした!


GOOUTCAMP2019 GOOUTCAMP2019

ソトレシピのインスタグラムを見て訪れてくれたという、富士宮市在住の加藤悠真さん・美波さん夫妻。選べる焼きおにぎりソースは「辛味噌」と「明太マヨ」をセレクト。


GOOUTCAMP2019

ちなみに、焼きおにぎりを食べている写真を「#ソトレシピ」をつけてSNS投稿していただいた方の中から「ベストおにぎりスト」を決めるフォトコンテストも開催! 受賞者は、とってもおいしそうに頬張ってくれたyoheeeeeeeheyさんに決定。ソトレシピオリジナルTシャツをプレゼントさせていただきました。


GOOUTCAMP2019

家族連れから友人グループ、カップル、ワンちゃん連れまで、さまざまなキャンパーが思い思いの時間を過ごす『GO OUT CAMP』。毎年5〜6月開催の『GO OUT CAMP 猪苗代』、4月開催の『GO OUT JAMBOREE』もあるので、来年の開催情報をぜひチェックしてみてください。


GO OUT CAMP vol.15

<日程>2019年9月27日(金)、28日(土)、29日(日)

<会場>メイン会場:静岡県富士宮市麓156 ふもとっぱら

キャンプ会場:静岡県富士宮市麓174-1 富士オートキャンプ場ふもと村

<公式サイト>http://www.gooutcamp.jp/goc/

Icon car

ライターProfile

三橋温子
札幌市出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒。人材サービス会社制作部での取材・ライティング経験を活かし、デザインもできるフリーライターとして2013年独立。アート、ファッション、カルチャー、ビジネスなど分野問わず執筆中。フェス&旅などソトアソビ好き。
    • Sns line

    関連レシピ