Logo pc

Magazine icon

ソトレシピニュース

ソトレシピKitchenがキャンプイベント初出店!


二子玉川でデビューしたソトレシピのノマドダイニング事業、ソトレシピKitchen。今回は、人気のキャンプイベントである、CHUMS CAMPに本格参戦。キッチンカーとともに、前夜祭から参加させていただきました。


ソトレシピキッチンのキッチンカー

木の間にキッチンカーを滑り込ませ、開店準備完了。写真ではなんだか狭そうに見えますが、主催者さまより参加キャンパーの動線にご配慮いただき、インフォメーション近くの好立地をいただいたのでした。


天気に恵まれたチャムスキャンプ

チャムスキャンプには、個人的に30周年記念のときに取材で参加していたのですが、そのときはひどい土砂降りで。。。しかし、今年は最高の好天!設営をしている大人をよそに、子どもたちがあちこちで遊び回っています。


ライジングフィールド軽井沢

イベント会場となったキャンプ場「ライジングフィールド軽井沢」は、標高1200mの高さにあり、木陰に入れば実に過ごしやすい。巨大なアスレチック施設があるなど、遊具も充実していて、子どもたちは飽きることなく遊べるはずです。


ベイビーバックリブ

前夜祭では主催者側より“バーベキューの王様”と名高い、ベイビーバックリブが振る舞われるなど、金曜日とはいえ平日から盛り上がっておりました。


ソトレシピKitchenにも運営スタッフの方々が足を運んでくださり、慣らし運転も上々。


スキレット教室も大盛況!


チャムスキャンプファイヤー

初日の天気もバッチリ。むしろ木陰でないと暑すぎるほど。ですが、暑さに負けず、チャムスキャンプのワークショップや催し物を追いかけます。


スキレット料理教室

インフォメーション近くの大きな屋根下では、対象別に料理教室が開かれていました。


ホットサンド料理教室

子ども向けに行われていたホットサンド料理教室には家族が殺到。パンに具材を挟んで焼くだけとはいえ、包丁を使ってみたり、SOTOのツーバーナーに火を付けたりと、普段お手伝いをしていない子にとっては新鮮な体験!


ブービーロゴホットサンド ブービーロゴホットサンド

チャムスのロゴマーク、ブービーバードの焼き目が付いて大成功!上手に焼くコツは、火の上であまり振ったり動かしたりせずに、じっくり待つことにあるようです。そして、焼き加減を確認しようと頻繁に開閉すると、焼き目がピントがブレた写真のようになってしまうことも。ただ、やり過ぎると焦げてしまいますから、タイミングが勝負ですね。


また、夕方に開かれた大人向けのスキレット料理教室も盛況。お酒のおつまみにアヒージョなどをワイワイ作っていました。


シェフが振る舞う「豪快」「贅沢」塊肉も!


ポークストック諸橋シェフ

キャンプ料理教室のほかにも、プロのシェフが目の前で塊肉を焼いて振る舞う催しにも多くの人が集まっていました。埼玉県の十条でビストロ「ポークストック」を営む諸橋シェフにより、そのコツやポイントの解説とともに豪快に焼き上げられていきます。


塊肉を焚き火で焼く 塊肉を焚き火で焼く 絶品バーベキューソース

4面にしっかり火を通して、その後寝かせることが大事とのこと。また、一緒に作られたソースも絶品。トマトベースにワインや酢で奥行きのある味が実現しています(ソトレシピへのシェフ参戦もご依頼したい!)。


肉とハイボール

ちなみに、ソトレシピのキッチンカーの目の前で振る舞われていたので、おかげさまでソトレシピも便乗で大盛況!ハイボールやレモンティソーダとともに楽しんでいただきました。


青空の下、芝生の上でチャムリンピック!


チャムリンピック

芝生が気持ちいいメイン会場では「チャムリンピック」が開催!さまざまなゆるスポーツイベントで賑わっていました。


トスバレー 借り物競争

ボール落とさないようにトスをつなぐ競技や、借り物競争よろしく、人探し競争などなど。このほか、ミニゲームコーナーも人気でした。


パチンコで射的 ブービージャンプ ブービーお絵描き

一時は夕立ち&雷に遭いましたが、総じて天気にも恵まれたチャムスキャンプ2018。これほどアットホームで特に子どもが楽しそう(いや、大人も楽しそうでしたが)にしているファンミーティング的キャンプイベントは、チャムスならではでしょう。大音量で盛り上がる音楽があるわけではなく、家族が自然の中で自然体となって遊べて楽しめるイベントでした。またお呼ばれしたい!



ソトレシピKitchen

ちなみに、ソトレシピKitchenといえば、お昼時には行列ができるなど、安定してご注文をいただくことができました。特に唯一のソフトドリングだった「レモンティソーダ」が好調。暑かったこともあり、氷とソーダの力が発揮されていました。あと、お子さんの多いイベントだったのもあるかもしれません。


また、シンガポールやマレーシアの角煮「バクテー」もリピーターが続出。ブームを予感します。最後にはタイムセールやお客様の男気などで、ベトナムサンドイッチのバインミー含めて見事完売! これらのレシピは近々ソトレシピでも公開予定ですので、ぜひ皆さんもお試しください。


パエリアン

このたび新たにシェフ登録となった、アウトドア料理ユニット“パエリアン”の、初プロデュースのイベント参加は大成功。今後の彼らの活躍にもご期待ください!

Icon car

ライターProfile

ソトレシピ編集部
自分たちのアウトドアスキルの向上を目指しながら、いろいろ情報発信していきたいと思います!
    • Sns line

    関連レシピ