ソトレシピニュース

【#妄想キャンプバトン】想像で楽しむ!キャンパーがもう一度行きたいキャンプ場TOP10

「#妄想キャンプバトン」で投稿されたキャンプ場を集計!!

ソトレシピのinstagramアカウントにて投稿させていただいた「妄想キャンプバトン」。つないでいただいた皆さん、誠にありがとうございました。皆さんに投稿いただいた「もう一度行きたいキャンプ場」は、実に興味深いバトンになりました。

>>妄想キャンプバトンのの詳細はコチラ

>>#妄想キャンプバトン

おうちキャンプ

未だ県外移動がはばからられる状況ですが、皆さんのステキな過去picで、行ってみたくなるキャンプ場がたくさん見つかったのではないでしょうか。

キャンパーがもう一度行きたいキャンプ場TOP10

今回は皆さんにつないでいただいたバトンのなかに登場したキャンプ場のTOP10を紹介したいと思います。皆さんの投稿picやコメントを、実際にキャンプへ行く日のための参考にしてみてはいかがでしょうか。キャンプ場探しは、口コミが一番役立ちます!!

※5位が同率で4つ、9位が同率で2つあります

 

同率9位「吹上高原キャンプ場

吹上高原キャンプ場

(写真は@hmkk716さん)

「開放感、ロケーション抜群のキャンプ場! 温泉も最高! 」(@hmkk716さん)

「このキャンプ場はとにかく広い。車乗り入れオッケー。予約不要。敷地内に温泉アリと、いいこと尽くめのフィールド!」(@tommy_base_さん)

フリーサイトはテント約300張り可能な広大な芝生フィールド。雄大な山々を背景に開放感抜群のキャンプを楽しめます。隣接の日帰り温泉「すぱ鬼首の湯」も人気。ペットエリアもあり、犬連れやファミリーで賑わいます。

住所:宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字本宮原23-89

https://www.onikoube.com/fukiage/camping

 

同率9位「道志の森キャンプ場

道志の森キャンプ場

(写真は@masa76_83さん)

「いつかは行ってみたいと思い続けて念願叶ったのが昨年。最高に雰囲気がよく、圧巻のロケーションでした」(@masa76_83さん)

「張る場所がたくさん選べて楽しい!」(@natsuukooさん)

日本有数の清流である道志川の支流に約2kmに渡って広がるキャンプ場。全面フリーサイトで林、川、砂地などさまざまなロケーションから選べます。お気に入りの場所があるキャンパーも多いです。

住所:山梨県南都留郡道志村10701

https://doshinomori.jp/

 

同率5位「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場

(写真は@alpacino3seaさん)

「早く富士山見ながらキャンプした〜いなぁ」(@alpacino3seaさん)

「GWといえば、我が家は何年も連続で朝霧ジャンボリーオートキャンプ場だったんですよね〜。GWになると富士山が見たくなるんですよ」(@peroty1177さん)

370キロ平方メートルにも及ぶ広大な区画なし芝生フリーサイト。大きな富士山を望む開放感抜群のフィールドです。1日200組限定にしているため、広々とテントが張れます。場内の水道から美味しい「富士山の天然水」が出るのも魅力です。

住所:静岡県富士宮市猪之頭1162-3

https://www.asagiri-camp.net/

 

同率5位「森のまきばオートキャンプ場

森のまきばオートキャンプ場

(写真は@moon419121さん)

「来るたびに変わるキレイなテント夜景が見られるのも森まきならではだと思います」(@moon419121さん)

「色々キャンプ場あるのに、毎回ココになっちゃうくらいお気に入りのキャンプ場。アクアラインで近いし、景色も広いし、トイレも綺麗、お湯も出る、動物もいる、冬は電源サイトあるし」(@takahacoさん)

もともとは牧場の、やや高低差のある広大なフィールドが特徴のキャンプ場。空が広くゆったりとした空間です。羊やうさぎとの触れ合いや、マウンテンバイク、ジャブジャブ池、ブルーベリー摘みなどアクティビティも豊富。

住所:千葉県袖ケ浦市林562-1-3

http://www.morimaki-camp.com/

 

同率5位「ほったらかしキャンプ場

ほったらかしキャンプ場

(写真は@yama.campさん)

「『ここなら自慢できる絶景だ』とあのときはすごく感動をしました」(@yama.campさん)

「富士山と夜景がとっても綺麗!すぐそばのほったらかし温泉も景色を見ながらの露天風呂は最高だった!」(@jinmarosanさん)

標高約700mに位置し、富士山と甲府盆地を望む絶景サイトが格別。夜景や朝日を見てファンになるキャンパーが続出しています。自然と夜景のコラボを堪能できる環境です。隣接の「ほったらかし温泉」も山梨の人気スポット。

住所:山梨県山梨市矢坪1669-25

https://hottarakashicamp.com/

 

同率5位「The Garden camp Amanayu

The Garden camp Amanayu

(写真は@taku4849さん)

「この時期は新緑がまぶしいくらい。今年は5月に行けるんだろうか、この美しい新緑を見れるんだろうか」(@taku4849さん)

「いつかamanayuさんのように誰かにとっての癒しの場が提供できたらと妄想する毎日です」(@keycoccoさん)

2018年にオープンした比較的新しいキャンプ場。清流が流れる林間サイトです。新緑の季節は鮮やかな緑に包まれます。ビンテージエアストリームに宿泊も可能。芝生以外は直火OKで薪が無料です。

https://amanayu.tumblr.com/

 

第4位「ゴンドーシャロレー

ゴンドーシャロレー

(写真は@aosora_campさん)

「天空のキャンプ場という名にふさわしい景色……。雲海も堪能できます!そしてなんと言ってもフカフカの芝生。オーナーさんがとても大切に芝生を管理されていていつでもベストコンディション。トイレも綺麗です!」(@iidamama.47さん)

「ここは区画なんですけど広々してるし、目の前がこんな景色だしとってもいいとこなんです😊」(@aosora_campさん)

キャンパーの間では天空のキャンプ場とも称される、気象条件が整えば雲海も望める阿蘇のキャンプ場です。絶景はもちろん、サニタリーやサイトがきれいで管理が行き届いているのも人気のポイントです。

住所:熊本県阿蘇郡南小国町大谷山6338

http://gondo-cr.net/

 

第3位「六ツ矢崎浜オートキャンプ場

六ツ矢崎浜オートキャンプ場

(写真は@maki_piさん)

「朝日がとても綺麗やったので幕と一緒に撮りたいですね」(@spike.campさん)

「夏も冬も情景がとても良いキャンプ場です。お洒落なキャンパーさんが多く、場内ウロウロするだけでも楽しい」(@ytmkt_campさん)

キラキラと輝く琵琶湖を望む湖畔のロケーション。車乗り入れ可能な全面フリーサイトは約200張り分の広さ。湖畔、林間、道路側にサイトがあり好きなサイトを選べます。料金が安いのも特徴です。

住所:滋賀県高島市新旭町深溝六ッ矢崎浜園地

https://takashima-kanko.jp/spot/mutsuyazakihama.html

 

第2位「浩庵キャンプ場

浩庵キャンプ場

(写真は@sachigreengreenさん)

「湖に入って遊んだり 水辺のサイトで涼んでみたりとファミリーでゆっくり過ごせる場所。また行きたいトコロ」(@sachigreengreenさん)

「本栖湖越しの絶景富士山を眺めながら、お酒飲んで焚火してゆっくり過ごしたいです」(@gusuku25さん)

国内最高峰の透明度を誇る本栖湖の湖畔に位置するキャンプ場。千円札の裏面に描かれた富士山と湖の情景はここがモデルになったと言われています。ダイヤモンド富士も見ることができます。

住所:山梨県南巨摩郡身延町中ノ倉2926

https://kouan-motosuko.com/

 

第1位「ふもとっぱらオートキャンプ場

ふもとっぱらオートキャンプ場

(写真は@kikacoroさん)

「定番だけどやっぱりふもとっぱら。はじめて訪れたときの感動が、2度目も3度目も……何度行っても変わらない」(@kikacoroさん)

「やっぱりスケールの大きさはダントツ1位のふもとっぱら」(@anzu_chi_310さん)

富士山の麓にあるキャンパーの聖地と言われるくらい大人気のフィールド。芝生の広大なフリーサイトや富士山のスケール感に心を奪われます。場内の池では逆さ富士も。ゆとりあるチェックイン・アウトもポイント。

住所:静岡県富士宮市麓156

https://fumotoppara.net/

 

その他の注目のキャンプ場

TOP10のキャンプ場には届かないながらも、多くの投稿があったキャンプ場も、名前だけ紹介していきます。

・とことん山キャンプ場(秋田県)

・長瀞オートキャンプ場(埼玉県)

・陣馬形山キャンプ場(長野県)

・田貫湖キャンプ場(静岡県)

・南伊豆夕日ヶ丘キャンプ場(静岡県)

・ひるがの高原キャンプ場(岐阜県)

・たけくらべ広場(福井県)

・雷鳥沢キャンプ場(富山県)

・知内浜オートキャンプ場(滋賀県)

・羽高湖森林公園キャンプ場(広島県)

 

妄想キャンプからリアルキャンプへ!!

青川峡キャンピングパーク

(写真は「青川峡キャンピングパーク」)

この他にも紹介しきれないほどたくさんのキャンプ場を投稿いただきました。ふもとっぱらオートキャンプ場、浩庵キャンプ場、ほったらかしキャンプ場など、アニメ「ゆるキャン△」に登場したキャンプ場がたくさんランクインしましたね。アニメを見て妄想を広げてみるのもいいかもしれません。

今は次のキャンプの充電期間。バトンをきっかけに、行きたいキャンプ場が増え、それがキャンプ場を応援することに繋がることを期待しています。

大手を振ってキャンプに行ける日はまだ先かもしれませんが、行けるようになったら、妄想ではなくリアルでキャンプ場を満喫しましょう!!

ライターProfile

ソトレシピ編集部
自分たちのアウトドアスキルの向上&キャンプ料理の上達を目指しながら、いろいろ情報発信していきたいと思います!

関連レシピ