ソトレシピニュース

テントを広げてキャンプ料理を楽しむ!! ソトレシピ的〝おうちキャンプ5カ条〟【おうちキャンプ】

外出自粛が続き、いよいよネタが尽きてきているこのごろ。キャンプに行きたい熱も高まってきていますよね。

我が家では、そんな子どもたちの期待にこたえて、おうちキャンプを開催! 今回は、おうちキャンプがうまくいく「ソトレシピ的! おうちキャンプ5カ条」を紹介します。

おうちキャンプ

【ソトレシピ的 おうちキャンプ 5カ条】

①キャンプ感を高められるアイテムを揃える

②ポップアップテントか登山用の小型テントを使う

③「自然」はデジタルと過ごし方で演出する

④料理はアウトドアキッチンも併用で

⑤キャンプ気分で眠る

【おうちキャンプの楽しみ方①】キャンプ感を高められるアイテムを揃える

開催場所がおうちの庭やベランダ、屋上などでも、キャンプらしいアイテムを出すことで“キャンプした!!”という満足感があるもの。今回は、普段のキャンプで使っているものを準備しました。

おうちキャンプ

おうちキャンプでは、広さが十分に取れないことがあるので、小さめのチェアやローテーブルが便利。キッチンやトイレなど、家の中への移動も考えて、動きやすいようにセッティング。

おうちキャンプ

調理器具は、カセットコンロがあればOK! 今回は海鮮バーベキュー用に、使い捨てグリルも用意したので、後ほどご紹介しますね。

おうちキャンプ

あれこれ揃えられない場合は、最近流行りのチェアだけ準備するチェアリング。ちょっと外にチェアを引っ張り出して、読書したりビールを飲んだり。手軽にアウトドア気分が楽しめます。

【おうちキャンプの楽しみ方②】ポップアップテントか登山用の小型テントを使う

おうちキャンプ

ポップアップテントなら一瞬で立てられるので、雨の日におうちの中でテントを広げてあげるのもオススメ。運動会や海辺でも使えるので、ひとつは持っておきたいもの。

登山用の小型テントも、コンパクトでおうちキャンプ向き。この春行けなかった登山やキャンプに思いを馳せつつ、テントの湿気取りやお掃除も兼ねて立ててみましょう。

おうちキャンプ

こんな感じで設営完了! やったー!

【おうちキャンプの楽しみ方③】「自然」はデジタルと過ごし方で演出する

おうちキャンプ

都心に住んでいる人は、おうちキャンプでは自然が感じにくいかもしれません。そんなときに使いたいのがデジタルの力。今回はiPadで、焚き火動画を流してみました。

おうちキャンプ

屋外でも使えるワイヤレススピーカーを使って、鳥の声や森の音、川や渓流の自然音も聴きながら。

おうちキャンプ

音楽ストリーミングサービス「Spotify」を使うと、好みの音を集めたプレイリストが作れるんですよ。パチパチと薪が燃える音と鳥の声が聴こえると、すっかり気持ちは森の中。

おうちキャンプ

お酒を飲んだり読書をしたり、キャンプと同じように過ごし方はお好みで。でもせっかくだから、家の中だとためらってしまう絵の具を出してみました。

おうちキャンプ

汚れちゃっても気にならない、そのゆったりとした気持ちこそがキャンプ! 水鉄砲やちいさなビニールプールで水遊びしたり、木を削ってお箸づくりをしたりするのもいいですね。

【おうちキャンプの楽しみ方④】料理はアウトドアキッチンも併用して

おうちキャンプ

料理は、食材のカットや漬け込みだけ室内で行っておき、火を通すのはアウトドアで。今回は、カセットコンロと使い捨てのグリルを使って調理していきます。

おうちキャンプ

黒いドーナツ型の部分が燃料になっていて、一箇所に火をつけると、まんべんなく火がうつっていく仕組みです。

海鮮バーベキューに使ったレシピはこちら

お魚コーディネーター甲斐昂成さん考案の「昆布焼き」です。

おうちキャンプ

まずはグリルにアルミホイルと昆布を敷きます。おだしをひいたあとの昆布が役立ちますよ。もちろん乾燥昆布を水で戻したものでもOK。

おうちキャンプ

食材はお好みですが、イカやホタテ、エビなど。切り身のお魚や殻つきの貝類もいいですよね。

おうちキャンプ

有頭エビならこんなふうに割り箸を刺しておくと、食べやすいですよ。

おうちキャンプ

火が通ってくると、じわじわと昆布の香りがしてきます。海鮮がアルミホイルにくっつかず、昆布の水分があるのでホタテやイカも乾燥してカサカサになったりしません。

おうちキャンプ

海鮮を焼いている間に、カセットコンロの方で焼きそばを作りました。こちらも食材のカットだけはキッチンでして、焼くのはアウトドアで。カットした食材はひとまとめにできるよう、大きなトレイやかごなどがあると便利。

おうちキャンプ

子どもたちにも任せられる、炒めるだけの焼きそば作り。パンに挟んで、焼きそばパンにしてもいいですね。

おうちキャンプ

今回は、昆布焼きした海鮮と焼きそばを合わせて海鮮焼きそばに。後片づけが楽になるワンプレートが便利です。

おうちキャンプ

クーラーボックスを出すほどじゃないけれど、冷蔵庫にいちいち取りに行くもなあ、ということで、お好みのドリンクはワインクーラーに入れて外へ。

そして散々食べた後に、アウトドアっぽいデザートづくりも。

おうちキャンプ

好きなフルーツやマシュマロなどをチョコレートにつけて食べる、チョコフォンデュ。

レシピは、おしゃれキャンパーのmisatoさんによる「簡単ミニ鍋チョコフォンデュ」を参考にしました。

おうちキャンプ

フォンデュ用のピックがなくても、割り箸やマドラーなどに食材を刺して。ちいさい子には、こうして太めのスティックを刺しておいてあげると、チョコの中で食材を落とさず、使いやすいんです。

おうちキャンプ

チョコレートをたっぷりつけたら、チョコスプレーでデコレーション。金平糖やコーンフレークなどもデコにぴったり。

おうちキャンプ

このかわいさとおいしさに、子どもも大人もテンションが上がります。ワインかシャンパンを開けたい気分。

【おうちキャンプの楽しみ方⑤】寝袋を使ってキャンプ気分で眠る

おうちキャンプ

キャンプ道具の中から寝袋を引っ張り出してきて遊んでいた子どもたち。かぶったり潜ったりしているうちにお昼寝へ。寝袋で寝るだけでも楽しいものですよね。今度、リビングにみんなで寝袋広げて寝ようかな?

おうちキャンプ

いつも森の中で使っていたハンモックも、自立式のフレームを使って室内遊びに。ごろごろしながら読書したりお昼寝したり、子どもも大人もダメになる最高の居場所です。

おうちキャンプ

キャンプ場に行けなくても、工夫して過ごすことでお出かけしたような特別な休日に。次のキャンプを楽しみに、大切なアイテムのお掃除をしたり、おうちキャンプでも使えるようなものを揃えたりしながら過ごしたいですね。

おうちキャンプの様子は、パエリアンによる動画でも確認いただくことができます。

 

【初心者向け】おうちキャンプで家族のストレス解消!リビングをキャンプ場に変えてみよう【部屋キャンプ生活#1】

 

【初心者向け】初めてのおうちキャンプをもっと楽しむ5つのルール【部屋キャンプ生活#2】

ライターProfile

吉川愛歩
ライター・料理家。キャンプや外遊びが大好きな4歳と12歳の母。暮らしや食に関するコピーや記事を執筆するほか、料理家として「特別じゃないけれど思い出に残るごはん」のレシピを考えたり、料理撮影の調理やコーディネートをおこなったりしている。

関連レシピ